中国独自の健康増進法:気功

日本語の “気功” は中国語でこう言います。
qì gōng
气功  チhィィ ゴォンg
 

百度によると気功は中国の伝統的な一種の保険養生、健康増進法で、昔は”丹道”と言われていたそうで、調息(呼吸の調整)・調身(体の鍛錬や動きの調整)・調心(意識の調整)をもって健康・長寿・潜在能力の開発などを目的とした一種の心身鍛錬法だということです。

呼吸法や体を実際に動かしたり、まるいは逆に座禅をして瞑想したりと、気功には様々な方法があるそうですが、その核心的な技術はは自己暗示や、自らを催眠状態に置くことで心と体の平衡をとっていくものなのだそうです。

[ここから続き]

気功に関しては、道家・儒医・医家書など中国のさまざまな古い文献に見ることができ、先述のようにその内容も非常に豊富で、吐納(呼吸法)、行気(体内を気力あふれる状態にする方法)、布気(気を体外に放出する方法)、服気(深呼吸)、導引(気を廻らせ体操)、煉丹(体内の気の合成して体を健康な状態にしていく方法)、修道、座禅などバラエティ豊かな方法が記されていて、最古の気功は”舞”と呼ばれていたそうです。

もともと体を動かしたり、静止させたりすることで精神や身体を磨こうとしているものですので、中国武術との親和性も高く、こうして生まれた特殊な気功は別名”武術気功”と呼ばれ、武当派、少林派、峨嵋派、崑崙派、南宮派等たくさんの派閥が生まれています。
潜在能力の開発ということでいうと、カンフー映画で見かける水の上を歩いたり、屋根に飛び乗ったりする“軽功”もこの流れで発想されています。

ファンタジー作品の中で 例えばスターウォーズではフォース、ハリーポッターでは魔法、日本のファンタジーだと忍術とか…
そんな感じでカンフーも武侠モノでも謎のパワーとして扱われたりします。

そんな感じで中国にはものすごい気功の達人らしき人がたくさんいますので、ちょっとご覧いただきましょう。
こちらは気合だけで相手を吹き飛ばす気功の達人。

こんなことが本当に成立するなら世の中から暴力沙汰が一掃できそうです。

こちらの達人は破壊力がさらにパワーアップしています。

カンフーを志す人は演技の勉強もしているのでしょうか?

こちらの方は組手をしているので、もしかしたら気功じゃないかもしれませんが、まるで演技のようです。

こちらの女性も同じような能力があるようです。

こちらも同じ女性の達人です。

このお母さんは大会場でもすごい技を披露していました。

ぜひ異種格闘技大会に出ていただきたい。

 

[PR]こんなんじゃ説得力ないかもしれませんけど
気功で新しい自分に変わる本ココロが変わる!カラダが変わる!人生が変わる!【電子書籍】[ 星野真木 ]

■ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
 

○参照:百度百家 晚间速报 哈哈mx 捧腹网 今日头条 哈哈mx 百家号      

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする