ついに中国ではスマホで課金できる公衆電話が登場した?

wú xiàn tóu bì

无线投币  ゥ シィェン トォゥ ビィ 

ワイヤレス課金

中国でのスマホを使った課金方式は今でこそQRコードを利用したものがス主流になっていますが、ホンの少し前までは専用のアプリをSUICAのように専用のスキャナーにかざしていました。
もちろん今でも残っているところは残っています。

[ここから続き]

QRコードを使わない支払い方式はよくテレビドラマの公共バスのシーンで見かけました。

他にもコインランドリーや自販機や次の画像はガチャガチャですがこんなところでもQRコード式じゃないワイヤレスの課金は使われています。

それぞれの方式には向き不向きがあるらしく、おそらくこの方式の方がコンパクトな機械には向いているのでしょう。

こちらはそんなワイヤレス課金ができる公衆電話。

本体のどこかにカードかアプリを当てれば使えるようになります。
その様子がこちらです。

このようにスマホをちょっとかざせば使えるようになります…ん?

 

[PR]日本はまだ新札のデザインで沸いてるのに
60分でわかる!キャッシュレス決済最前線 躍進が続くQRコード決済の「今」がわかる! [ キャッシュレス研究会 ]

○参照:搜狐网 新浪财经 东莞日报 哈哈mx  

妈麻马骂(まぁまぁまぁまぁ)

你好(ニィハォ)!中国語学習者の"妈麻马骂(まぁまぁまぁまぁ)"です。もう皆さんすでにご存知かもしれませんが、永遠の初級学習者です。でも、中国好きというめんでは中級ぐらいはいっているかもしれません。そんな私のつたないブログですが、皆様にお楽しみ頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Next Post

中国の飼い犬自慢の貼り紙がさらにパワーアップしていた

火 4月 16 , 2019
zì kuā 自夸  ヅIゥ クhゥァ 自慢する 以前、画像のように犬の行方不明のポスター […]