中国でオンライン授業が普及している理由

wǎng kè
网课   ワァンg クhァァ 
オンライン授業
中国では学校に行かずに在宅で授業が受けられるオンライン授業の整備が進んでいます。
日本と違って中国の都市部では大気汚染がひどくとても外を歩ける状態ではなく、ましてや子供を外出させたくない…ということで、インターネットで授業を配信し自宅で授業が受けられる方式が進んでいます。

[ここから続き]

これにはいろいろいいことがあって、もちろん出かけなくていいし、質疑応答が可能なライブでないかぎりいつでも好きな時間に授業が受けられます。
また内容がわからなければ何度でもリピートできます。
あるいは知りたい講義をいろんな講師の説明で受けることもできるでしょう。
なので知りたくなったらわかるまで知ることができるのです。

先生側はちょっと微妙ですが、毎日講義をする必要がないので仕事が減ってしまう恐れがありますし、中国中の先生がライバルになります。
場合によってはエンタメ能力も要求されるかもしれませんし、流行に応じて子供達にわかりやすい例えも知っておかなければならないということも要求されるかもしれないのです。
もちろんPCの操作なども必須かと思われます。
また生徒の中にはこんな手法で単位を稼ごうとする輩もいたりします。

ライブ授業の場合は実際に出欠もライブで確認しないといけないみたいです。

[PR]もう中国語はオンラインで学べます

○参照:重庆科技创新网 搜狗视频网 今日头条 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする