中国の特価表記に騙されてはいけない

cù shāo tè jià

促稍特价  ツhゥ シrhャァォ トhゥ ヂィ 

販促特価

中国の商店やスーパーでも店頭には画像の様なPOP広告が随所に掲示されていて注目を集めます。
内容はもちろん特別販売価格の表示ですが、日本と違ってかなりズルいことをしてたりします。

[ここから続き]

例えばこちらのPOP、特价商品(特価商品)と書かれています。

商品が何かはわかりませんが、でかでかと”59.7元”と書かれています。
この記事を書いている時点の元のレートは15.9円なので、949.23円ということになりますが、原価が59.8元とちっちゃーく書かれていますので、特価として割引したのは1.59円ってことになります。セコ。

こちらは別の商品ですが同じ手口です。

大々的に販促商品と打ち出していて1.59円しか負けてません。

こちらはもっとセコいです。
原価49..90元のところ特別に49.89元に割引してくれる様です。
割り引いたのは0.159元となります。
もう割引する気はほとんどないかと思われます。

もっとセコいのが最初の画像のヤツ…
全体の画像がコチラ


北方饅頭1個1.5元のところ特別価格2個で3元です。
ちなみに”仅(ヂィン)”が付いているので”たったの3元だけ”となります。
まったく割引する気がないのに特価扱いするので、中国のPOPを見るときはよーく見る様にしてください。

[PR]売れるPOPの秘訣はモノじゃなくてコト
コトPOPを書いたらあっ、売れちゃった!【電子書籍】[ 山口茂 ]

○参照:糗事百科 糗事百科 糗事百科 糗事百科                

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする