ヒマワリの種子をかじるのが大好きな中国人がマナー違反な理由

kè guā zǐ
嗑瓜子  クh グゥァ ズiゥ 

瓜のタネをかじる

中国の人がマナーが悪いのでは?と言われる要因の一つに今回の瓜のタネをかじる…というのがあります。
瓜のタネといってもヒマワリのタネの場合が多いのですが、なぜこれがマナーが悪いのかというとタネをかじって中身を食べると残ったタネの殻をその辺にペッペッと捨てるからなのです。

[ここから続き]

こちらは地下鉄の座席でこっそりひまわりのタネをかじってる中国男子。

ですがその足元はこの通りです。

こちらは別の待合所のおばさん。
ご覧の通りひまわりのタネをかじるのに勤しんでいるのですが、その足元はこの通りです。

こちらのお兄ちゃんたちも地下鉄の中で座り込んでこの通りです。

こちらのお母さんは誰かが捨ててったひまわりのタネをわざわざ拾ってくれています。
捨てる神あれば拾う神ありというのはここでは当てはまらないかもしれませんが、この件に関しては捨てる神の方が圧倒的多数なので追いつかないですね。
 
 
じゃあ自分の家ではどうしているのかと言いますと、こんな風にして種かじりを楽しんでいました。

拾う神をルンバにさせています。
どうしてもタネは床に捨てたいみたいです。
何だかルンバを虐待しているようにも見えてしまいます。

 

[PR]美容にもいいらしい
【中国お菓子】 洽洽香瓜子(味付ひまわりの種) 【中国食材】

■ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ 

○参照:大众网 凤凰网 糗事百科 我想网 知乎