中国の小吃”辣条(ラーティァオ)”を食べる際に注意すべき危険な点

là tiáo

辣条ラァァ テhィァ 

ラーティァオ

辣条(ラァァ ティァ)は中国の小吃(シャオチー)。
小麦粉でできた麺状のものに辣酱(おかずラー油)みたいなものがまぶされたもので、中国ではいろんなメーカーから販売されていて辛さもまちまちですが、中国で辣(ラァ)と名乗っている以上そこそこの辛味はあるということです。

[ここから続き]

中国語で”条(テhィァ)”というと細長いもののことで、日本語的に意訳すると”辛い棒”みたいなイメージになるかと思います。

こんな感じで様々な商品があります。
お酒のおつまみ的にはぴったりです。

辛さ以外にも辣条(ラァァ ティァ)には食べる際に注意が必要です。
それは硬さというか粘り気というかこんな感じです。

こんな感じなのでなかなか噛み切れないのです。

なので食べる際は後方に注意が必要になるのです。
どういうことかと言いますと…

このように噛み切れた瞬間、のけぞる人が続出してるからです。

[PR]辣条
手撕板筋 辣条 冷蔵・冷凍品 日本国内加工 100g

○参照:网易网 太平洋汽车网 百思不得姐          

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする