日本とずいぶん違う中国の漫才文化

xiàng shēng
相声シィァンg シrhゥァンg 
漫才
日本の漫才は独特の発展をしていて、あんな風に、ステージにふたりで立ってしゃべくりあっているところを見せて、笑いを取るというスタイルのエンターテイメントはあまり海外では見かけません。

[ここから続き]

しかしそれに近いのが中国の”相声(シィァンg シrhゥァンg)”です。
こちらは中国では超有名な”郭德纲(グゥォ ドゥァ グァンg)”と”于谦(ユゥ ゥ チrhィェン)”
ご覧のように民族衣装の”长跑(チャンg パァォ)”を着て台を前においたスタイルで伝統芸色が強いです。
そして大きな違いは相声演員の人たちはコンビ名を持ちません。
二人でワンセットというより個々の意識が強いのです。
なのでご覧のようにマイクスタンドも2本あります。
なので相方が変わることもありますし、三人で出てきたりすることもあります。
個々の立場が確立しているからか、マナー的なものかはわかりませんが、”どつき漫才”みたいに頭をひっぱたくツッコミはありません。
ですがそれぞれの自意識が高いせいか本当にどつきあいをすることもあります。

大御所なのに…

[PR]とぼけたり人のせいにするのが面白い
This is かまいたち [ かまいたち ]

○参照:搜狐网 豆瓣网 搜狐网 搜狐网 哈哈mx               

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする