中国のスリ事情はこんな風

日本語の “スリ” は中国語でこう言います。
pá shǒu
扒手  パhァ シrhョォゥ  

最近はカメラがあちこちにあり、日本ではどれぐらいの被害が出ると警察が動き出すのかわかりませんが、ビデオで証拠がおさえられ、いざ捜査が始まればなかなか逃げ切れるものではありません。
しかし、世界のどこでもいいのですが海外に行った人からは盗難にあった話をよく聞きます。

[ここから続き]

もちろん中国も例外ではなく、あちこちでスリは発生します。
最初の画像のように街を歩いている時でもカバンが空いていたり、上着のポケットから貴重品がのぞいていたりすると、財布やスマホを奪いにきます。

こちらの方は自転車に乗っているだけなのにしっかり狙われています。

本人もまさかこんな状態でスられているとは思わないでしょう。

こちらは駅の切符売り場の様子です。

悪びれる様子もなくお財布をからお金を抜いています。
缶を持っているおっさんもグルで目隠し役をしています。
財布が残っているのでスられたと気づくまでに時間がかかりそうですし、それまでに何食わぬ顔で二人が場を離れればもうわからなくなります。

こちらは飲食店のおばさんスリ。

お店の人の振りでもしているのでしょうか?
何か話しかけているうちテーブルの上のカバンを持ち逃げしています。
これはすぐに気がつかれる可能性があるので、そそくさと早足で場を離れています。
こんな風におもむろに接近してくる人には要注意ですが、カバンを他の人の手の届くところに置くのはリスキーだということがわかります。
最後のこちらはエレベータに乗る際にスられた女性ですが、工夫を凝らしていたので取られずにすみました。

こちらは買い物にでかけたおばさん。
相手は3人組のようで、見事に陽動に引っかかっています。

自分が足を引っ掛けたかもしれないと思うと見ちゃいますし、こうなると回避はなかなか難しそうです。
こちらの方も同じような手口でやられています。

1秒もあれば財布はスれるみたいです。
こんな風に悪い人たちも町中にいるみたいなので、中国を旅行の際は十分お気をつけください。

最後のこちらはエレベータに乗る間際を狙って財布をさられましたが、独自の工夫により取られるのを免れました。


女性がゆっくり降りてくる様子から、このスリはきっとこの後ボコスコにされたんじゃないでしょうか?

[PR]そんなウォレットチェーン
本革手編み ウォレットチェーン 60cm 編み込み ロングタイプ レザー 革 牛革 財布 チェーン バイカーズ ライダース 革ジャン 【送料無料】

■ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
 

○参照:糗事百科 云邮局 内涵社区 搞笑gif图片 搞笑gif图片 哈哈mx 皮皮虾       

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする