中国ではジャンケンでの勝負の行方が重過ぎることがあります

shí tóu jiǎn zǐ bù
石头剪子布   シrhィ トhォ ヂィェ ズiゥ ブゥ 
じゃんけんぽん
勝負好きな中国人はただのジャンケンでさえ相当遊べます。
日本の子供たちは順番を決めたり、チーム分けや取り捨てを決めるときにジャンケンをしますが、中国では勝負で負けたほうに罰ゲームを課したり、勝った方はその様子を楽しんだりする遊びとしてジャンケン自体を楽しむのです。
あっち向いてホイみたいな面倒なことは不要なのです。

[ここから続き]

これは男女に関わらずその傾向があります。
前もご紹介しましたが女子二人だとこんなジャンケンをしてます。

女性同士で何が面白いのかわかりません。

そう思った男女はこんなジャンケンをします。

こんなの学校でやったら大問題になりそうです。
またこんなバージョンもあります。

恋人同士でやってるうちはいいのでしょうけど、面白いのかな?これ
あと単純に負けたらぶっ叩かれるというシンプルなのもあります。

ゲームを始める前に互いの武器の確認は必須ですね。
このルールを少林寺のお坊さんが行うとこうなります。

かなりおバカですが、そのおバカが過ぎるとこんな風にジャンケンをし始めます。


たぶん彼女とかいないんでしょうね…この人たち。

[PR]日本だとジャンケンの後に何かアクションをつけたがるんですね
【即納!】たたいて かぶって ジャンケンポン!

○参照:百思不得姐 百思不得姐 没节操 哈哈mx 百思不得姐 今日头条 百思不得姐             

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする