翻訳サイトごとに違う中国語の日本語訳がどれも残念

zài xiàn fān yì wǎng
在线翻译网   ザァ シィェ フhァン イィ ワァンg 

オンライン翻訳サイト

excitehonyakuさてさて、本当にネットの時代は
ありがたいなぁ…と思うことのひとつが
フリーで使える辞書サイトです。

辞書には単語だけ調べるもの、
文章を翻訳してくれるもの、索引ごとに
単語を紹介するものなどがありますが…

[ここから続き]

私は「エキサイト翻訳」をよく使っています。
エキサイトは文章も訳せますし、
単語の意味も調べられるので便利です。

もちろん、そのまま完璧に訳してもらえる
わけじゃありませんが、
ニュアンスをつかむのには十分です。

ときどき、え?この部分何?って思いますが、
そんなときはあやしい単語だけを
辞書検索します。
それだけで、ずいぶん中国語には
明るくなれると思います。

せっかくなので先日聞き取り練習した
中国のCMの「想吃就吃」
を翻訳してみました。

結果は…

「食べたい時にすぐ食べます」でした。

だいたいのニュアンスはつかめます。

逆に「食べたい時にすぐ食べます」を
中国語に翻訳すると

「想吃的时候马上吃でした。

これもオリジナルとは違う結果でしたが
ニュアンスは同じでした。

オンライン辞書はインフォシークや
@niftyなど、他にもいくつかあるようですが
翻訳結果はずいぶん違います。
(違うサイトでも同じエンジンを使っているために
同じ結果になるところもあるようです。)

ちなみに「想吃就吃」は他の翻訳サイトでは
次のようになりました。

YAHOO
「すぐ喰うことを喰いたいと考える」

@nifty
「食べるのものは食べたいについ言えば」

ZebraStyle
「食事は食べると思う」

私は訳の感じもいいし、画面も明るくていい
感じなのでエキサイトを使っていますが、
メンテナンスや、アクセス集中時を考慮して、
他のも使えるようにしておく方がいいと思います。


[PR]タブレット型翻訳機
翻訳機 グローバルトーカー GT-V7a GT-V7i 各20言語収録( 語学学習 タブレット…

■ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする