超载摩托车 ー 中国の大勢乗りバイクがなくならない理由

chāo zǎi mó tuō chē
超载摩托车  チrhャオ ザァィ モォォ トhゥォ チrhュァ
過積載バイク

中国の過積載バイクの多人数乗り版です。
ご存知の通り中国では車はもちろん、バイクでもたくさんの荷物や人がいると、ありったけ乗っけて移動します。
もったいないですからね、せっかく乗れるのに…ってところでしょう。

[ここから続き]

ですから中国のいたるところに多人数乗りバイクは存在します。
日本でこんなことしたら現行犯でなくても最近は防犯カメラ映像でしっかりしょっぴかれます。

ですが、中国では通勤・通学に友達同士や家族でも大勢乗って移動します。


もっとも車が高価で買えなかったりする実状があったりするので、そのへんの事情もあって、まかり通っているわけです。

なので警察もあまり厳格に取り締まらないことが多いです。

そんなことされたら大勢の人が仕事も学校にも通えなくなりますし、いちいち取り締まっていたら膨大な量の手続きが発生しかねないのです。とは言っても違反は違反なので注意は受けますし、安全週間などのような折にはまっ先にペナルティを受けることでしょう。
そもそも危険行為なんですから。

しかし、大勢でバイクに載ってしまうのは、こうした事情の他にも理由があります。
それはこちらのメーカーの広告でわかります。


広告のタイトルは次のように書いてあります。

一次充电可乘坐九人…一回の充電で9人乗れる。

メーカーによっては10人と言っているところもあって、そうまで言われては是非やってみたくなる人もいるでしょうし、じゃあ9人以下なら大丈夫じゃんって思う人もいることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする