中国でバックソナーのない車の臨時対応

chuán gǎn qì
传感器  チrhュァ ガァン チhィ
センサー

車をバックで駐車する時、オートブレーキがあると安心ですが、せめてバックセンサー(バックソナーとも言います)があるだけでも安心感は全然違います。
バックセンサーも最近ではずいぶんリーズナブルになってきていて軽自動車にも装備されるようになりました。

[ここから続き]

バンクセンサーが別名バックソナーと言われる所以は超音波を使って距離計測を行っているからで、一般的にはバンパーの左右のコーナーに2個ずつとバンパー中央部に2個〜4個配置されています。

フロント側にある場合も同様です。

障害物が近づくと警報が段階的に鳴るので、それで衝突が回避できるわけです。
なので、コレさえあれば次のような事故も未然に避けることができるのです。

さて、そんな車のバックセンサーですが、中国のカーオーナーの中にはもっと簡単に高精度なバックセンサーを装備して安全に駐車出来るようにしている人がいました。

それがこちらです。

[PR]こっちも重要

○参照:易车 新浪汽车 海力网 内涵社区

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする