中国の女性ドライバーのしつこい当たり屋を追っ払う方法

pèng cí
碰瓷  プhゥァンg ツh(i)
当たり屋

中国の当たり屋さんのお話。
以前もご紹介しましたが 車載カメラを載せるようになって、ドライバー側は言いがかりを証明できるようになってきました。
そこでちょっとお小遣いがほしい当たり屋の人たちはターゲットを信じられない方向に変えてきました。

[ここから続き]

どういう相手に食いついていったかというと、コチラです。


子供用の車に轢かれたと訴えています。
どんだけケガをしたというのでしょう?

こちらはおばさんの当たり屋です。


まじか?と思います。
当たり屋と言うより車輪掴み屋です。
子どもの前ではずかしくないのでしょうか?

こちらはもっとターゲットを間違えた当たり屋さんです。


あまりしつこくしすぎると公務執行妨害でしょっぴかれてしまいそうです。

このように当たり屋さんは示談のお金がもらえるまでしつこくまとわりついてきます。

さてこちらはベンツの女性ドライバーが男性の当たり屋さんの遭遇したところです。
ただ、この女性機転を利かせて当たり屋を追い払うことに成功しています。
一体どうやって追い払ったのでしょう?


何やら色々叫んでいますが何を言っているのか訳を以下に書いてみます。

懂人啦!(dǒng rén lā ) : 轢かれた!
碰瓷啊 你!(pèng cí ā  nǐ ):金払えよ あんた!
非礼啊!(fēi lǐ ā):失礼だぞ!
强奸啊!(qiáng jiān ā):強姦よ〜!

…ってことでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする