中国の渋滞解消の為の新交通システム

lì tǐ kuài bā
立体快巴  ィ ティィ クゥァ バァ 

立体快速バス

litikuaiba1106As1~2年前、中国の渋滞を解決する新交通システムプランとして
“立体高速バス”という計画が話題になったことがありました。
2車線分をまたいで走るというもので発表された当時は2011年にも北京で試運転が始まる…という勢いで公開されました。

[ここから続き]

立体高速バスは、写真の通り、二階建てバスの一階部分がトンネルになっているような形状で
1階部分が渋滞していようとも、無関係に通行できる利点があります。
litikuaiba1106B
バスは1両10mある車体が4両編成されていて、バスというより電車のようなイメージです。

litikuaiba1106Cs
立体高速バスはモノレールや地下鉄や軌道バスよりも工事のコストも少なくてすみますが、
唯一、1階部分を通行する車が進路変更したり右左折する際に通行軌道が交差するところが心配です。

昇降は側面からも行なえますが、さらに上に渡した歩道橋のような駅からも行なえます。
litikuaiba1106Es
バスの上部の窓が開いて上からも階段で上り下りできます。
(左側のおじさんが発案者の宋有洲さん。)

litikuaiba1106D
発案者の話では、時速60kmから80kmまで出せ、1列車で1000人以上運べますが、
北京では、まだ具体的な話にはなっていないそうです。
(マドリードとリオデジャネイロなど国外から受け入れ協議が行なわれているそうです。)

[PR]出前一丁の二階建てバス
【単品】トミカ 出前一丁 二階建てバス

■ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
 
○参照:中国网 ・丹东安防网 ・百度图片 ・重庆綦江县新闻 ・中国老年网

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする