中国の大通りの矢印標示の先にあるデンジャラスなもの

mǎ lù
马路   マァ

大通り
maluA中国語で”馬路”と書くと大通りの
ことです。恐らく騎馬か馬車かが
通った道の名残でしょう。
大通りは車線が多いので、道路には
レーンごとに矢印が書かれています。
こちらは直進レーンです。
ただ、中国の場合直進レーンを
ただ直進するのは危険です。

[ここから続き]

どういうことかと言いますと、
もちろん、中国の人は信号を守らないので
歩行者がいつ飛び出してくるか分からないら…
というのもあるのですが、こんな場合が
多々あります。

maluB

こちらはまた別の道路ですが、直進レーンに
電信柱が堂々と鎮座しています。

maluC

これだけ見通しがいいと基本的にぶつかることは
なさそうですが…
maluD
ちょっとぶつけてしまいました。
いろんな人がいるものです。

道路に電信柱があれば、接触の可能性があるわけで、
そうなると数学的には確率が成立してしまうので
何千分の一か何万分の一かで必ずこうした現象が
起こってしまうものなのです。

もちろん直進レーンだけではありません。
こちらは右折レーンですが、やはり電信柱が
鎮座しています。

maluF

どうやって右折するのやら…

また、右折レーンで電信柱がないと思って
油断しても、その先にあったりします。
maluG

■ブログランキングに参加しています

○参照:中国旅游网 网易 阳光网 安徽第一门户 巢房网 半岛网

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする