中国では街のあちこちで携帯の充電が可能です。

shǒu jī chōng diàn zhàn
手机充电站   シrhョォゥ ヂィィ チrhョォンg ディェ ジrャ 
携帯充電スタンド

こちらは中国の街頭に設置されている携帯電話用の充電スタンド。
充電スタンドには無料のサービスも多いのですが、有料の場所もありますので注意が必要です。
無料の場合は”免费(ミィェン フhェ)” と書かれているのですぐに区別できるかと思います。

[ここから続き]

少し前のタイプは機種ごとの充電ケーブルが装備されていて、自分の機種にあったケーブルを挿して使うものが多く、フル充電するためというよりは臨時でちょっと使えるようにするといった目的だったように思います。

それに同じメーカーでもどんどん充電ジャックの形も変更されますし、その都度揃えるのは大変なことでしょう。

最近の中国は公共バスの座席にでさえこのように通電式のUSBのジャックが設置されているので、一日中どこでも安心して携帯が使えるのです。

何でこんなに充電スタンドが普及しているのかと言いますと、今の中国ではバスでさえ携帯で支払いができるからです。

見る人から見ると、もはや携帯は電話というよりはクレジットカードなので、いろんな業者が手ぐすねを引いて、どうぞどうぞとばかりに充電スタンドを設置するのです。

こちらも中国のどこかのショッピングモールに設置された携帯用の充電スタンドです。
こうしたところはどんどんお金を落として欲しいのでどんどん充電してもらいたいことでしょう。
しかし、電気料金は充電スタンド側の負担になります。
そこでこのモール側は考えました。
その負担を軽減するためにこの充電スタンドはこんな感じになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする