VRアミューズメント施設でデートする場合に注意すること

xū nǐ xiàn shí
虚拟现实  シュゥ 二ィィィェン シィ 

バーチャルリアリティ

日本では最初バーチャルリアリティのことは仮想現実とも言っていましたが、最近はもっぱらVR(ブイ アール)で通じるようになり、これは中国語でも同じです。
中国にはVRを体験できるアミューズメント施設が各地にあって若い世代を中心に身近な存在になってきています。

[ここから続き]

日本ではゲームはアミューズメント施設より家庭で楽しむようになってきているため、ゲーセンなどは最盛期に比べどんどん減ってきていますが、中国ではテレビは家族団欒の道具というか年長者がチャンネル権を握っているせいか、日本のようにそれでゲームをする風潮が生まれにくかったようです。

そのせいか大きなアミューズメント施設やゲーセンもまだまだ元気があります。
さらに昨今のVRの登場でもっと人気は高まってきているようです。
日本でもこの動きは同様で、VRを使ったアミューズメントは増加傾向にあります。

またVRのコンテンツの可能性は幅広く、いろいろな演出を各業者が開発しているようで、VRを使った様々な楽しみ方が続々提案され 登場してくるので、しばらくの間は飽きられることなく続いていきそうです。

アミューズメント施設はデートスポットにも良さそうでうが、個別にゴーグルをはめているので、同じ時間を共有しているのかはちょっと微妙な感じがします。
もちろん彼女が一生懸命何かと戦っている様子を微笑ましく見てたりする楽しみもあったりするのかもしれません。
ただ逆に彼女の違った一面を見てしまう場合もあるかもしれません。

…何だか今後は彼女を怒らせないように細心の注意を払った方が良さそうな気がします。
[PR]家庭用VRはコレ
PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版 + PlayStation VR WORLDS

○参照:钛媒体 搜狐网 搜狐网 搜狐网 来福岛 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする