中国でも発生!ランサムウェア “WannaCry” 騒動

rú chóng
蠕虫  ルrゥ チrhョォンg
ワーム

2017年5月12日ころから世界中にサイバー攻撃が行われ新型のワーム型ウィルスがメールで送られてくるそうです。WannaCryと言うそうですが ランサムウェアという身代金要求型ということで迂闊にメールを開くと感染し、ファイルを勝手にロックして使えなくして、元に戻すのにお金を要求するというものです。

[ここから続き]

そして中国でも被害が出ていて安直に翻訳機にかけただけみたいですが中国語版も制作されていたようです。

狙いはやはり重要な施設で、急いで復旧しなければならないところはカモにされるのかもしれませんが、医療機関にも被害が及ぶなど もはや冗談では済まされる状況ではなくなっています。

聞くところによるとWindows 10には感染しないのと、最新のセキュリティ更新プログラムをインストール済であれば大丈夫なのだそうです。

発信源はよほど自信のあるクラッカーなのかもしれませんが、世界中を敵に回したので摘発されることになると信じたいと思います。

こちらは中国の公安のオフィスのPC画面。

しっかり感染してしまったようです。

公安のおじさんも頭を抱えてしまいました。

公安の受け付けカウンターにもこんな告知が表示されてました。

訳してみました

gōng ān wǎng zhōng bìng dú
公安网中病毒 
公安のネットはウイルスに感染しました。

xià wǔ tíng zhǐ bàn lǐ yè wù 
下午停止办理业务
午後の手続き業務は停止します。

ここだけの話 喜んでる人もいたりして…

[PR]マカフィーでウィルス対策
マカフィー アンチウイルス 1年版

○参照:凤凰网 豆瓣网