平昌オリンピックの閉幕式の”北京八分”

xiàng yuē běi jīng
相约北京   シィァンg ユゥェ ベェィ ヂィンg 
北京で約束

“2022 相约北京(北京で約束)” は平昌オリンピックの閉幕式で次の冬季オリンピックの開催地としてPRした “北京8分种(北京8分)” の中でみんなが呼びかけていたフレーズです。
“北京8分种(北京8分)” はリンクのパフォーマンスとVTRで構成されていました。

[ここから続き]

リンクでのパフォーマンスはスケーた~と自動で動くモニターとリンクの表面へのプロジェクションで行われ、2008年北京オリンピックの開幕式と同じ张艺谋(チャン・イーモウ)のプロデュースに由るものでした。

こちらはスケーターの動線が “中国結び” を描いていくという演出。


こちらは同じくスケーターが描く軌跡で虹色の龍を描いていきました。
さすがに北京オリンピックほどのスケール感は会場の広さの事情もあってありませんでしたが、それでも中国結なり龍なりで中国らしさを表現しているのは好感が持てました。

こちらはシノワズリな花柄。
チャイナドレスや陶磁器、インテリアファブリックなどでお目にかかるやつです。

そしてカウントダウンの演出があってVTRへと続いていきます。
若干色が暗いのが気になりますが、全部をまとめた”北京八分钟”がYOUTUBEに載っていましたので、改めて見てみるのはいかがでしょう?

パンダがあんまり可愛くないです。
[PR]平昌と言えばこの人なんでしょうね
平昌冬季オリンピック報道写真集[本/雑誌] / 中日新聞社

○参照:犯贱志

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする