総合格闘技が中国伝統武術太極拳に挑んでしまった (よせばいいのに)

gé dòu kuáng rén
格斗狂人  グゥァ  ドォゥ クhゥァ レrェ
格闘クレージー

北京ののMMA(総合格闘技)育成訓練普及センターの創始者の一人でトレーナーも務める中国格闘技の第一人者で 格闘狂人と異名を取る徐晓冬(シュ シィァォ ドォンg)という人物がいます。

[ここから続き]

その彼が4月27日成都市の試合会場で中国伝統武術 太極拳の大家 魏雷(ウェィ レェ)氏と一戦交えました。

え?太極拳ってあんなゆっくりな体操でしょ?あんなんで戦えるの?と思われた方も多いことでしょう。

実は体操として知られる太極拳は武術としての太極拳の形を健康体操として認定し発展させたもので、本来の太極拳のほんの一部分を利用しているにすぎないのです。

太極拳の動きは不思議な点が多く、次の画像はは中国の太極拳界では有名な闫芳(イェン フhァンg)という達人の女性ですが、彼女に挑んでいく屈強な男性がひとたび彼女に触れられるとその身がいとも簡単に吹っ飛んでしまうのです。


日本の合気道みたいにも見えます。

そんな不思議な力を秘めた歴史ある中国武術の太極拳に 総合格闘技の格闘家はいったいどんな戦い方をするのだろう?…というか果たして勝てるのだろうか?
みんなの期待はどんどん膨らむ一方です。

そして戦いの火蓋は切られたのでした。

しばらく二人はにらみ合いながら間合いを見たりしていたのですが、拳を交え始めたらなんと…

格闘狂人が一方的に押し、わずか数秒で決着がつきました。

で、まぁ今中国のネットの各所では太極拳って凄いんじゃなかったの?ってことで いろんな方面で炎上してるのです。

かこまれたってこんなに吹っ飛ばしたりできるんだし…
きっとあの選手はこのおばさんほどには達していなかったのでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする