中国では大型スクリーンで告白するのが今風?

biǎo bái
表白   ビィァォ バァ 

表明する

biaobaiA以前、中国の女性が逆プロポーズをビルのLEDスクリーンなどを使ってやっていたことをご紹介したことがあります。
中国のお金持ちは気持ちを伝えるときによくビルを使うようです。
そんな告白の様子をご紹介します。

[ここから続き]

こちらは5年前の北京の丰联广场。
biaobaiE
ここのLEDスクリーンは400平方メートルあるそうで、約2分の女性からの告白のムービーを写し出したそうです。
結果はご覧のとおりうまく行ったみたいです。

変わってこちらは2014年の七夕。
深センにある皇庭広場のスクリーンに男性からのプロポーズを映し出しています。biaobaiF
こちらもうまく行ったみたいです。

こちらは昨年のバレンタインデーの大連にある五一広場。
そこのビルに、ある男性が”云()さんに”告白するための広告を掲げました。
biaobaiB
“聞いて!僕のところにお嫁に来て 必ず必ずお店にキミの名前を書きます!”
と書いてあります。
ビルの中は店舗なのかオフィスなのかはわかりませんが、こちらもかなり大きなスクリーンです。

さて、その後10日ちかく経ったころ、別のビルのLEDスクリーンに次のようなものが表示されていました。
biaobaiC
こちらのスクリーンの内容はこうです。云():私が欲しいのは私が愛している人
お店はもうもってるから。

…残念でした。

■ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ

○参照:楼盘网 开心网 康硕展 搜狐焦点网 搜房网 盐城第一房产网 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする