カタカナ表記

◯東方愉快の中国語のカタカナ表記について

“東方愉快”は中国学習のために書いているので、発音見本を載せるようにしています。
特にカタカナを上下に書いて中国語の発音の特長である四声を表現するようにしたのは東方愉快独自のものですが、市販の本でも採用しているのがあってちょっとうれしくなりました。
ただ、日本語のカタカナは外来語を表現するのに使われるものとはいえ、もともと50音なので、残念ながら海外の発音を表現しきれません。

そのため中国語の そり舌音には”r”有気音は”h”ngの音には”ンg” というように一部アルファベットで補足しています。

もう一つ、ほとんどのカタカナは母音と子音を一文字で表してしまうので、日本語の表現として違和感が出てしまうことがあると思います。
大きいカタカナ文字は子音またはいい始めの音、続く小さなカタカナは中国語の母音として解釈していただけると助かります。

ziとzuは両方とも”ズゥ”と発音します。
“i”の方は最初の頃は”ジィ”と読みがちですが口の形を”イ”にして”ズゥ”と発音します。
(厳密には”ズ”でも無いのですけど…)
このziとzuの音の違いもカタカナでは区別できません。
ですので東方愉快では “i”の時は ズiゥという表記をしています。
口の形を “イ”にしてズゥと発音してください。

またピンインでは”ge”と書く音について、習い始めのころは”ゲェ”と読みがちです。
実際には”gua”みたいな発音をします。

日本語的には”グァ”と書けばで済みますが、カタカナは”g”だけを切り分けることが出来ないので東方愉快では”グゥァ”のように書いています。

このように中国語の”母音”や”ゥァ”とか”ィォゥ”のような”複合母音”はカタカナ小文字で記載していますので、一文字一文字にこだわって発音しないで、流れるように発音していただければと思います。

発音見本も添付していますので参考にしながら覚えていただけると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする