中国の人民軍御用達のお酒のこだわり

zhuān yòng jiǔ
专用酒   ジrュァン ヨォンg ヂィォゥ 

専用酒

zhuangyongjiuA中国の高級なお酒の中にも進物用のお酒がいくつもあって、しかも官公庁の各部門ごとに、そうした進物専用のお酒が作られています。
例えばこちらは茅台酒(まおたいしゅ)なのですが、広州軍区接待専用のお酒として作られています。

[ここから続き]

おそらく接待の席に用いられたり、関係者への贈り物として広州軍区に納入されるものだと思います。

こうしたお酒にはメーカーのゴマすりもあってか色々なデザインの商品が存在します。
例えばこちらも同じく軍に収められるお酒だと思いますが、ご覧のとおり迷彩柄です。

zhuangyongjiuB

こちらのボトルもデザインが人民軍の制服風です。
zhuangyongjiuC
部队特供酒(部隊特供酒)と書いてあります。

軍服があるのならこういうのもあります。

zhuangyongjiuD
軍用水筒風のボトル。
文字を消したらそのまま使用出来そうです。
(してたりして)
アルコール度数が66もあります。

水筒だと持ち込まれる心配がありますが、こちらのなら大丈夫です。
zhuangyongjiuE
手榴弾型のボトル。
爆発力がありそうです。

こちらのはさらに効きそうなボトル。
zhuangyongjiuG
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、一応ライフル風です。

もっと効きそうなのがこちら…

zhuangyongjiuF
砲弾型です。
手榴弾やライフルよりも破壊力がありそうです。

こういうのって段々エスカレートしていくものなのでしょうね。
さらに上をいくボトルがこちらです。
zhuangyongjiuH
ミサイル風。

そして、こちらはさらに豪華なボトル

zhuangyongjiuI
中国初の航空母艦”遼寧(りょうねい)”が出来たのを記念して作られたお酒です。
酒瓶をインテリアにしている人がたまにいますが、こちらはまさに飾るためのボトルです。

このようにお酒の瓶だけでも、その豪華さはニーズによってどんどんエスカレートしていくのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする