写字 ー 中国では停めておいた車に文字が書かれる場合があります

xiě zì
写字  シィェ ズi
字を書く

こちらがその車の一つ。
ボンネットに“老婆(ラオポー)”と書かれています。
意味は”奥さん”で、老婆(ろうば)という悪口ではありません。
もちろん奥さん用の車の識別のために書いたわけではなさそうです。

[ここから続き]

では一体どうして書いてあったのでしょう?
その答えは車の他の部分を見ればわかりました。
まずはサイド部分です。

勾引别人(gōu yǐn bié rén)は “他の人を誘惑”という意味です。
もう書いた人が旦那様であることが確定的です。

まだ車の後部トランク部分に続きがありました。
こちらです。


打胎(dǎ tāi) 堕胎しました。… どっちの子どもだったかも問題ですね。
場合によっては…ってこともありますので、旦那様も正気じゃいられなかったのでしょう。
こんなことをするようですし。

ちなみにどんな相手だったかは反対側のドアに書いてありました。


小白脸 (xiǎo bái liǎn)と書いてあります。
意味は 直訳すると”若い白い顔” ということですが 意味は”若いイケメン” となります。
奥様もやりたい放題でさぞ楽しかったことでしょう。

さて、こちらはまた別のケース。

書いてある文字は “婊子 (biǎo zǐ)” です。
辞書で見ると 娼婦 と書いてあります。
この車の持ち主は 女を売って 何かをしでかしたみたいです。
最初の車と同じような事例のようですが、実は書いたのは旦那様ではありませんでした。

このケースでは書いた現場が監視カメラに収められていたのです。

察するにこの車のオーナーが落書き犯人の女性の彼氏か旦那さんに手を出したためにされた報復といったところでしょう。

ちなみに2015年の7月に河南省で自分の駐車場に勝手に止めた他人の車に落書きをして七万元を賠償するように判決が出たことがありますが、この場合は多分訴えられることはないでしょう。

続きましてこちら。

贱货 (jiàn huò)小三 女王(xiǎo sān nǚ wáng) と 書かれています。
意味はこれも私の辞書によるとですが、”ゲス野郎 愛人女王” となります。

どうやらこれも二番目の状況と同じような案件のようです。
狙ったわけではありませんが、男女間のトラブルによるものが比較的多いようです。

こちらのもそんな例です。

狗日的 搞我女人(gǒu rì de gǎo wǒ nǚ rén) です。
この”狗日的 (gǒu rì de) ” はおそらく教科書には載らない言葉で、最上級クラスの罵り言葉で、”漢民族の裏切り者”とか”犬とするような奴” と言ったような意味があります。
意訳すると “オレの女とやったクソッタレ” かな?

こちらは街の大通りで信号待ちをしている車。
いかがでしょう、やっぱり何か書いてありました。

SB 还我初夜 (shǎ bī hái wǒ chū yè ) と書いてあります。
SBは 何度か東方愉快でもご紹介しましたが 傻逼(シrhャァ ビィィ)の頭文字です。
全体を通すと”バカ 私の初夜を返せ” となります。
ということで今運転している人はかなりの “女泣かせ” だと思われます。

こちらの車もきっとそんな事情なのでしょう。

書いてある文字は “渣男 (zhā nán) カス男” です。

最後のこちらは違法駐車で車に落書きされた男性。
戻った車に落書きされて囲みの野次馬に何かを訴えています。

どこか動きがユーモラスですが、車には”車の停め方がとてもいい”と書いてあります。