中国の大きな施設にある人工の滝がすごかった

rén gōng bào bù
人工瀑布  レrェンg ゴォンg バァ ブゥ
人工滝

こちらは上海宾馆の西向かいにある人工の滝。
特に都会はコンクリートやガラスで見た目も殺伐としやすいので、中国の公園や複合施設のような大きなスポットには緑化帯や噴水やこちらの画像のような人工滝が作られて水に親しめるようになっています。

[ここから続き]

こちらは同じく上海の黄浦区淮海中路にある “上海K11购物艺术中心:K11 Art Mall Shanghai ” と呼ばれる複合施設。

ここは地下1〜2階にはカフェや雑貨屋さんがあり、1〜2階はファッションブランドのお店、3〜4階がレストラン街、5階以上はオフィスなのですが、地下3階にはアートスペースということで有料の展示会以外にもたくさんのアート作品を無料で楽しむことができます。

で、こちらが入口ゲートをくぐったところですが、

ご覧の通り、正面に人工の滝が設置されています。

夜もライトアップしてキレイです。

また、こちらは広州市の広州東駅広場。
ここにはかなり広い人工の滝が作られていて、周りにマイナスイオンを撒き散らしまくっています。

人工の滝は高さ8m、左右に89mあります。
この滝の中にも人が入ることができて、空調の効いた室内広場になっています。

またこちらも夜はライトアップして夕涼みの絶好のスポットになっています。

そう言えば話を上海に戻しますが、国際金融センターという場所があります。

ここは人工滝とはまったく関わりのなさそうな場所なのですが、2013年の7月某日午後4時頃、あまりに水が恋しすぎてビルの一つから人工の滝が飛び出してしまったことがあります。

その様子がコチラです。

もちろん水道管のトラブルだったのですが、10分ほどこの状態が続いたそうで相当量の水が無駄になってしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする