中国の街のあちこちに立ってる銅像がおもしろい

tóng xiàng
铜像  トォンg シィァンg
銅像

何度か東方愉快でもご紹介しましたが、中国では公園や遊歩道、歩行者天国などの路上に画像のような銅像がよく設置されています。
これは床屋の様子ですが、このように中国人の生活の様子を一瞬切り取ったような作品も作られていて、特に海外の観光客の見どころの一つになっています。

[ここから続き]

たとえばこちらはお年寄りとお孫さんでしょうか

中国将棋を差してるところです。

こちらは長沙市の歩行街の一画にある銅像

2体並んでいますが、多分担々麺の屋台と脇の卓で食べるお客さんみたいです。
ちなみに担々麺の担(かつ)ぐの意味はあの屋台の台を天秤ばかりに下げて担いで歩いていたからだそうです。
見てるとなんだか担々麺を食べたくなってきます。

こちらは有名な香港の星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)。
今は閉鎖されていますが、ここには映画に関する銅像がいっぱいありました。
こちらは成都民俗公园の銅像。

中国コマをまわして遊んでいる子どもたちですね。
このコマは鞭でコマをひっぱたいて回すタイプのみたいです。
こちらはフェンスの広告を見に近寄る親子?でしょうか

壁は後付かもしれませんがめっちゃ広告が気になる子どものようになってます。
このように銅像は沢山の作家さんによってずいぶんたくさん作られています。
公共事業の一環でしごとの創造にもなっているのでしょう。
観光客の方には見どころとしていいのですが地元の人もそれなりに活用しています。


洗濯物を干したり…
こちらはちょっとモップを乾かすのに使っています。
[PR]十二支のブロンズ像を怪盗ジャッキーが盗み出す
◆◆ジャッキー・チェンDVDコレ全国版 / 2016年9月27日・

○参照:图行天下 昵图网 昵图网 图行天下 糗事百科 糗事百科