中国の圧力鍋による被害が想像以上

gāo yā guō
高压锅  ガァォ ヤァァ グゥォ
圧力鍋

圧力鍋は高い圧力をかけて内部の温度を100°以上に上げることができるため、早く調理できたり、素材がふっくら柔らかくなるなどいろいろな利点がある調理器具です。
しかしこの調理器具が中国ではたいへん危険な製品となっています。

[ここから続き]

もちろんしっかりしたメーカーのものをちゃんとした方法で扱っていれば問題はないのですが、そこは中国ですから粗悪品も出回っていますし、扱いもちゃんとしてるか怪しいのです。

なのでこんなことが起こりかねないのです。


そう爆発します。
料理がパーになるくらいならいいのですが、煮え立った中身を浴びたら大やけどを負いかねません。
実際、圧力鍋の爆発で命を落としている事故も広西省で発生しているので、その危険性は想像以上です。

こちらは寧波市の某所。
調理中にお母さんが中華まんを買いに出かけて戻ったところの様子です。

台所がめちゃめちゃになっています。
逆に目を離していてよかったケースです。
損害は大きいですが、体が無傷なのは不幸中ではありますが大きな幸いです。

こちらはその爆発の威力が分かる画像です。

逆光でわかりにくいかもしれませんが、左側にあるのが圧力鍋で、周りに中の具材が飛び散っています。
そしてこちらがその鍋の蓋の在り処です。
そうとうな速度で移動したのが想像できます。
これも天井に刺さったからいいのですが、跳ね返って顔面にでも当たったらと思うとぞっとします。
圧力鍋には使用期限もあるそうなので気をつけて使用しなくちゃいけないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする