中国でバランススクーターをちょっと恥ずかしく楽しんでる皆さま

diàn dòng niǔ niǔ chē
电动扭扭车  ディェ ドォンg  ニィォ ニィォゥ チrhュァ
バランススクーター

バランススクーターは “ハンドルのないセグウェイ” のようなもので体重を前後左右にかけることで移動方向や速度を指定します。
日本では”バランススクーター”とか”立ち乗りマシン”とか”ミニセグウェィ”、”ホバーボード”、”ジャイロボード”などいろいろな名で呼ばれています。

[ここから続き]

交通の取締りのゆるい中国では公道を走る方もいらっしゃいますが、公道は避けて公園などで楽しんでいるユーザーが多いようです。
中国の公園はやたら広いので非常に便利です。

ちなみにスペックは騎手にもよりますが、速度は平均的に最高15km/h程度で、20度の坂を登ることができます。
充電は1時間ほどかかり、連続駆動時間も1時間ほど走れます。
なので15kmまで移動できます。
価格はいろいろなのですが低品質のものはバッテリーが発火したり爆発したりするようでちょくちょくニュースになっています。

バランススクーターは真ん中を中心に左右でひねりが効くようになっていて、両側で駆動方向や力加減が変えられるようになっています。

文字で書くとわかりにくいのですが要するにこんな動作も出来るのです。


その場でスピンです。
これは左右の輪が逆方向に回転しないとできません。
また、こちらはたしか台湾の方だったと思いますがコスプレに利用してこんな楽しみ方をしている人もいたりします。
バランススクーターにも筋斗雲のコスプレをさせています。
変わってこちらの方の場合ですが
お仕事にバランススクーターを活用中です。
ちょっと手抜きのようにも見えますけど…
 最後にこちらの中国のお嬢さんの場合。
バランススクーターに乗りながらさっそうと自撮りに挑戦してみました。
 脇見運転はバランススクーターでも危険です。