【こんなに?】中国の病院の薬袋が1か所 日本のと大きく違う点があります!

yào dài
药袋  ヤァ ダァ
薬袋

yaodaiAこちらは台湾の長庚記念医院の薬袋です。
中国でも病院に行ってお薬をもらって帰るときは、日本と同じように薬は薬袋にいれてくれます。
そして袋には患者さんのお名前、薬を出した日にち、薬の用法用量として、一日何回、毎食前とか毎食後とかあるいは空腹時などのタイミングの記載と何錠飲むなどが書かれています。
ただ、日本と違う点がありましてそれは…

[ここから続き]

漢方薬が処方された場合です。
ちなみに先程の薬袋はビニール製ですが、もちろん紙製の薬袋を使っている病院もあります。
yaodaiB

さて、話を戻しますが漢方薬を処方する場合日本ではもっぱら顆粒か粉末タイプのものがほとんどだと思います。

ところが中国の場合は袋に書いてあるモノを見ると分かりますが、

yaodaiC
薬を自分で煎じなければいけない場合があるのです。
煮出すのに2時間ほど掛けなければならないみたいです。

上の方に”飲片”と書いてあるので、中味は漢方薬の木の枝や草を乾燥させて小片に切ったものが入っていると思われます。

そのため袋のサイズがこちらのような感じになります。

yaodaiD

枕みたい。


[PR]漢方でいろいろいいこと

○参照:扑街网  7788收藏 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする