医生鱼 – 中国のドクターフィッシュ事情

yī shēng yú
医生鱼  イィ シrhュァンg ユゥ
ドクターフィッシュ

ドクターフィッシュは隔離された温泉に生息し、餌が不足するために、温泉につかりに来る人の角質を餌としてついばむようになったそうです。
ドクターフィッシュは古い角質を安全に除去してくれるのと、その際の刺激が美容・健康に効果があるとされています。

[ここから続き]

ドクターフィッシュと呼ばれる魚は実は一種類ではなく、鯉亜科のガラ属の総称で、100種類上の種類があるそうです。

また、中国各地の温泉施設にはこうしたフィッシュスパが作られていて、人気を呼んでいます。

ただ、ドクターフィッシュと呼ばれる魚には歯がなく、角質を吸い込むようについばむのですが、中国の同様の施設の中には亲亲鱼(キッスフィッシュ)と呼ばれる小さな歯がある別の種類の魚を利用しているために注意が必要で、日本でも安く販売されているそうなのです。

亲亲鱼(キッスフィッシュ)は歯があるために皮膚を傷つける場合があるそうなのですが、中国では亲亲鱼(キッスフィッシュ)魚療法と堂々と名前を出している場合もあったりするので、そんな細かいことは気にしないみたいです。
また、こちらのように自分の家でもやってみようとドクターフィッシュを買ってきて試した人がいたのですが…

魚が全滅したのにはいろいろな要因がありそうですが、どうやら偽物だったみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする