中国の料理人が重い中華鍋を振れる理由

fān guō
翻锅   フfァン グゥォ 
鍋振り
中華料理が今ひとつ日本の家庭に浸透しない3つの理由が “油の多用”、”強い火力”、そして”鍋振り”です。
特に中華鍋は結構重量があり、さらに具材の重量も加わるので特に日本の女性には困難です。
しかし逆にこれらを克服すれば本格的な中華料理を生み出すことができるのです。

[ここから続き]

鍋を振ることで均一に火を通し、満遍なく調味料を絡めることができます。

こんな作業を中国の飲食店の厨師さんは始終やっているのです。

店によってはさらに大型の鍋で料理するところもあります。
それでも厨師さんは全体重を使って一生懸命鍋を振ります。
最近はこの作業が嫌でロボット化しているお店もあるようです。
商売上の合理化の話なのでそれはそれでありなのかもしれませんが、これをやっちゃあおしまいな気もします。
しかし実は中国の厨師さんは調理学校で基本を学ぶのですが、そこではこんな風に鍋振りの練習をします。

鍋に砂や砂利を入れてひたすら振りまくります。
左手だけで振っていくので、いつも腕がパンパンになるそうです。

[PR]本格中華を十種選べる
自由に選べる10品中華バイキング【送料無料】※沖縄は1000円、北海道は600円・離島は地域によって送料別途必要。【楽ギフ_のし】【オードブル】【パーティー】【内祝】【内祝い お返し】【内祝い】【お見舞い】【中華惣菜】【あす楽】【バレンタイン】

○参照:新浪看点 大众网 北京时间 阳光寬频网