中国のネットユーザーがマクドナルドのポテトのS,M,Lを比べてみたところ…

shǔ tiáo
薯条  シrhュゥ テhィァ
(細長い)ポテト

前回、中国の人たちの食生活では、食べきれないほど料理を出して、残すのが当たり前だと思っていることをご紹介しました。
これはマクドナルドなどのファストフード店でも同様で、画像のようにポテトをてんこ盛りに注文してシェアして食べます。
最近はワリカンも普通にありますが、誰かがもてなすのが基本だからなのです。

[ここから続き]

実際、中国の人はフライドポテトが大好きで、しかも誰かと食べるとなると、誰かがおもてなし側になるので、大量に注文したりするのです。


こちらは中国ではよくある”1つ買うともうひとつプレゼント”キャンペーン。
おもてなし好きの中国人にはありがたいサービスです。

そして調べたところ、SとMとLにはこんな差があることがわかったのです。

まずは本数の比較。

本数だけの場合、たまたまオーダーしたものの話ですが、SとMではほとんど差がありませんでした。

では重量ならどうなの?…ということで各サイズの重量を測ってみました。

まずはSサイズ。


ご覧のように計測したところ最終的には50(単位不明)でした。

こちらはMサイズ

こちらは最終的に53.5(単位不明)です。
本数とは違ってしっかり差が出ました。
よかったよかった。
そして最後がLサイズ。
結果61(単位不明)でした。

結果発表はどういう計算式かわかりませんが、以下のようになったそうです。

計測重量 価格(1本あたり)
Sサイズ(日本公式74g) 50.0 0.07元/条
Mサイズ(日本公式135g) 53.5 0.11元/条
Lサイズ(日本公式170g) 61.0 0.09元/条

私のうちでは買うのはなぜか必ずMサイズです。
一番よく頼むやつなのに残念〜 >o<;