昨年夏 中国で話題になったタイ発の刺激的なアイスバー

bīng qí lín
冰淇淋  ビンg チh
アイスクリーム

こちらは昨年ニュースサイトで紹介されていたタイ発のアイスバーのシリーズ。
“純フルーツアイス”と書かれています。
パッケージには タイ語で”POO N MA NEE”と呼ばれますが、中国語表記も”蓬玛尼” と書かれています。

[ここから続き]

味はドリアン、ライチ、イチゴ、マンゴー、バナナに加えてとうがらし味があります。

“純フルーツアイス”という割に唐辛子はフルーツなのかな?と思わなくもありませんが、この唐辛子が中国でも特に注目されています。

以前に台湾の唐辛子ソフトクリームをご紹介しましたが、中国の特に南方では日常的に辛いものを食べたりするので この商品も歓迎されているようです。
中味はこんなカンジ。

上半分がチョコレート味、下半分がココナツミルク味になっていて、チョコレート部分に唐辛子が入っているそうです。
しかも最初チョコレートの甘さが来た後に辛いのが襲ってくるそうで、そのおかげで後半のココナツミルク部分が半端なく爽やかに感じるそうです。

同じ中国人でも普段から辛いのになれている人とそうではない人では感じ方が違うので、ダメな人はダメみたいです。
また、イケる人は唐辛子の辛さも爽やかに感じるそうです。

[PR]こちらは日本製のカップアイス
『激辛トウガラシアイス 8個セット』

○参照:搜狐网 搜狐网 搜狐网 京华网