飲食店のお椀は消毒済ラップで衛生的で安心!という神話

dài tào wǎn
袋套碗   ダァ タhァォ ワァン 

袋カバー椀

daitaowanA中国の屋台や簡素な飲食店では袋套碗(ダァ タhァォ ワァン)といって丼やお椀にビニール袋をかぶせて、食器洗いの手間を省こうとするお店があります。
手を抜くためというのもあるのですが、水も調理に使うほどしか用意がないので、店によっては洗うための水が確保出来ないのです。

[ここから続き]

食べる方も値段が安いので文句がないのかもしれませんが、あまり美味しそうではありません。

daitaowanB

もちろん、こうしたビニール袋は飲食用に開発されたものではないので、酸化防止剤やスリップ剤、アンチブロッキング剤、帯電防止剤など 様々な添加物が使われているので発がん性の危険があると訴える有識者の人もいます。

でも、一般の人たちには都市伝説のように ポリ袋やラップしたものに対する安心度が高く、実際によくいろいろなお店で”消毒済み”と書かれたビニールでラップされた食器を見かけます。

daitaowanD

こうした食器は専用の衛生度を管理された工場内で洗剤洗浄したのち、熱湯消毒や蒸気消毒など、しっかり衛生度を維持してラップされます。

daitaowanF


…という場合もありますが、結構ばっちいお水で洗って適当に吹いてラップする業者さんもいます。
daitaowanE

しかも犬がそこら辺を歩いてたりします。
daitaowanG

それを考えるとポリ袋の器のほうがいいのかな?

daitaowanC

[PR]チキンラーメン
美濃焼 チキンラーメン丼 レンゲ付 新ひよこ柄
■ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
 
○参照:新华网 人民网 搜狐网 新浪网 万家 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする