武侠小説のヒロイン小龍女

xiǎo lóng nǚ
小龙女 シィァォ ロンg ニゥィ

小龍女(しょうりゅうじょ)

xiaolongnvA小龍女(しょうりゅうじょ)は
中国の武侠小説家・金庸の作品
“神鵰侠侶(しんちょうきょうりょ)”に
登場するヒロイン。

古墓派の功夫の使い手で
めっちゃ強くて、めっちゃ美人という
設定。

[ここから続き]

2006年に制作されたバージョンの
TVドラマの”神鵰侠侶(しんちょうきょうりょ)”では
チャイニーズゴーストストーリーの
“刘亦菲(リウ・イーフェイ)”が
小龍女(しょうりゅうじょ)を演じています。

YouTube Preview Image

ドラマ版でも とにかく美しく、
身のこなしも華麗に描かれています。

xiaolongnvB

金庸の作品中のカンフー術者は、よく”軽功”と
いって身軽に壁を登ったり、木の上を走ったりしますが、
小龍女も同様でしばしば空を飛んでます。

xiaolongnvC

また、その身軽さを表現しているのが
その睡眠法で、ここでもよく中国の人が
やっているのがこちら…

xiaolongnvD

寝る時は縄の上です。

そんな彼女も斧屋さんにかかると
こんな感じになってしまうようです。

xiaolongnvE

せめて斧の角度を合わせて欲しかったです。

■ブログランキングに参加しています

○参照:票量网论坛 中国象山港 吴凡吧