中国にはガードレールが少なく代わりにポールが立っていて何故かそこに女性が腰掛けます。

fáng hù zhuāng
防护桩  フhァンg フhゥ ジrュァンg
ガードポール

fanghuzhuangA中国ではガードレールのある道路は少なく、歩道との段差に加えて植樹帯や柵、あるいはこうしたガードポールで歩道と車道が区切られています。
形も色も素材もまちまちで、樹脂製で黄色や赤だったり、ステンレスのシルバーのもの、あるいはコンクリート製のものなどで車が歩道への侵入を防いでいます。

[ここから続き]

そしてこのガードポールに中国の人はよく腰掛けます。
特に高さがちょうどいいのか女性の方が座っているのを見かけます。
fanghuzhuangB
こちらはバス停の裏側のガードポール。
おそらくバスが来るまで一休みといったところでしょう。

こちらも同じくバス乗り場かタクシー乗り場。
やはり並べられたガードポールに腰をかけています。
fanghuzhuangC

こちらは信号を待ってる女性。
やっぱりこのように座ってしまうようです。
fanghuzhuangD
みんなが座るせいで傾いてしまったのではないとは思いますが…

fanghuzhuang1609a2
路上で電話をする場合、腰掛けるのにちょうどいいのかもしれません。

なんでしょう止まり木みたいなものなのでしょうか?
ただ、スカートだとちょっと後ろに気をつけたほうがいいように思います。
fanghuzhuangF
スリットがガラ空きになったりしています。

コチラの女性はスカートが引っかかって転倒してしまいました。
fanghuzhuangG
酔っ払ってるのかな?

どうにも中国の方はポールがあると一旦またぎたるなるのかもしれません。
その証拠がコチラです。

fanghuzhuangH
なにコレ?