中国女性の夏の外出の必須アイテムの日傘の使い方が変

fáng shài
防晒   フhァンg シrhャ 
日焼け防止

夏の日差しが皮膚に害があると言われて久しくなりますが、中国でも気にする人はどんどん増えてきて、外出するときは日傘や帽子が欠かせません。
しかし日傘の使い方は日本とは少々異なることがあるのです。

[ここから続き]

こちらは公共バスの中。
中国の公共バスは窓ガラスにスモークがかかっていないようですし、日よけのスクリーンもついていないようで、太陽の日差しが直接車内に降り注ぎます。

なのでバスに乗るときも日傘を差しています。

外を歩く時、日傘一つでは心もとないと思う方はこちらのように日傘二本で、日焼け対策をしています。

また傘を差すのに片手が必要なので自転車やバイクは不向きです。
なので、傘を差しながらこんな乗り物に乗って移動します。

一輪車タイプのセグウェイみたいなやつです。
学校の先生は傘を差す手の心配はしないみたいです。
どういうことかと言いますと こちらの女教師がそれなんですが、ご覧のように生徒に持たせて歩きます。

さながら皇帝気分です。
で日傘の手持ちがなかったらこんな感じです。

大きなゴミバケツ。
どこから調達してきたのかわかりませんが、前はあまり見えてないと思います。
また何ももっていこちらの女性はこんな風に街を移動しています。

見るからに怪しい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする