体操の世界選手権の内村選手のリシャオペンという技

lǐ xiǎo péng tiào
李小鵬跳  リィ シィァォ プhァンg テhィァ
リ・シャオペン

lixiaopengA体操の世界選手権で日本は中国をしのいで優勝しました。
内村選手が跳馬で解禁した”リシャオペン”という技は中国の体操選手”李小鵬(りしょうほう)”の中国読みが由来です。
李小鵬選手は中国湖南省南沙市出身の体操選手。
中国の体操選手の“李家軍団”の第五代の後継者で、中国では”体操王子”と呼ばれていました。(それまではリー・ニン選手が体操王子と呼ばれていました。)

[ここから続き]

また、笑顔も可愛らしく、ネットのアンケートでも体操選手の中ではダントツ人気があります。
lixiaopengB

残念ながら2010年に引退して結婚し、女の子が生まれて今ではいいお父さんをしています。

lixiaopengtiaoE
お父さんとおんなじ表情をしてます。
目の辺りはそっくりです。

彼は北京オリンピックで優勝しましたし、ワールドカップ・オリンピックなどの金メダルの獲得数も中国でトップという輝かしい経歴を持っています。

そして、彼が開発した跳馬の最高難度の技が”リシャオペン”です。
中国語では”李小鵬跳(リシャオペン跳び)”と呼ばれます。
どんな技かといいますと、こちら

lixiaopengC

「側転から4分の1ひねって(ロンダート)、後ろ向きで跳躍板を踏み切り、すぐさま半分ひねって跳馬に前向きに手をつき、そのまま伸身で1回半の宙返りをしつつ、2回半ひねって着地する」というひねりまるけのスゴ技で、難度を表すDスコアは6.2ポイントもあります。

ちなみに”シライ”の名がついた「ユルチェンコ跳び (助走から跳躍板にロンダートを行い、馬に背を向けてバク転で手をつき)伸身3回ひねり」は同じくひねりまるけなのですが 6.0ポイントです。

beijing_lixiaopeng
北京オリンピックのリシャオペンの跳馬の演技では、着地の際にバランスを崩して片足が大きく一歩下がってしまいました。
この当時の彼に比べると内村選手のほうがずいぶん精度が高くなっているように見えます。

また、実は”リシャオペン”の名前を冠した技は平行棒にもあります。
こちらは「逆立ちの状態から前振り上がり後方屈身2回宙返りして腕支持する」というもので、そちらの動画も貼っておきます。
こちらも軽々とやっていますが、F難度です。

heikoubou_lixiaopeng

その後の彼は体操関係の仕事以外にちょくちょくTVなどにも出ています。
lixiaopengK
この爸爸回来了(パパおかえりなさい)はテラスハウスみたいに家にカメラを置いて、家庭の様子を映していくドキュメンタリー的な番組です。
他にも中国版SASUKEみたいな番組にもたまに出ています。

[オリンピック関連の記事はこちら→]

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 [PR]夏が10倍楽しくなる美男子アスリート
送料無料/熱狂!リオ五輪イケメンファイル 夏が10倍楽しくなる美男子アスリート 保田賢也/松井千士/古賀淳也/加藤凌平/南野拓実/ケンブリッジ飛鳥/沖直実