ちょいちょい沈む中国のドラゴンボート競争の船

lóng chuán
龙船   ロォンg チrhュァ 
ドラゴンボート
中国ではよく船を龍をかたどったデザインにします。
もともと”龍船”は天帝の子であり、天命を受けて地上を統治する”皇帝”の乗り物だったのですが、それが広く民衆に行き渡りました。

[ここから続き]

また端午の節句には水神様をお迎えする儀式の一環として、中国各地、江蘇省、浙江省、湖南省、福建省、嶺南地区、や台湾などでドラゴンボートのレース大会が行われます。


太鼓を鳴らしながら屈強な男性が力一杯オールを漕ぐ様子は圧巻で、今は禁止されていますが賭け好きな中国人ですから、もちろんこれも以前は賭けの対象としていてレース当日は観衆も相当盛り上がっていました。

船の規格は地域によっていろいろですが、大体は手作りのようで、よくこんな状況が発生します。

太鼓の人だけはつかまるものがあって大丈夫そうです。
こちらでも…
さらにコチラでも…

後ろの人はあきらめてるのに先頭の人だけまだ漕いでます。
こんなに沈んでしまうと、もう潜水艦競技にした方がいいような気もしてきます。
で、何でこんな時期に端午の節句の風習をご紹介したかと言いますと、実はこういう状況を鑑みてなのかどうかはわかりませんが、絶対に龍船を沈没させない競技を思いついたからです。
それがコチラです。
船っていうか もうソリじゃん…

[PR]そんなドラゴンボートフェスティバルの本
Awakening the Dragon: The Dragon Boat Festival AWAKENING THE DRAGON [ Arlene Chan ]

○参照:津门网 百科百度 内涵社区 糗事百科 糗事百科 哈哈mx