お釈迦様の誕生を祝う”溌水節”はセクシーギャルの見せ場でもある

pō shuǐ jié
泼水节   ポhォォ シrhュェィ ヂィ 

溌水節

“溌水節(はっすいせつ)”は別名浴仏節と言って、お釈迦様の誕生を祝ったものが起源の中国東南地域、香港から台湾までのエリアで行わえてるお祭りで、仏像をお参りする際に水をかけてお祈りしていたものが、今ではみんなで水を掛け合うイベントになっています。

[ここから続き]

 今年は4月の13日〜15日の期間がその時期になるそうですが、所定の場所ではみんな水を入れたバケツや たらい、水鉄砲などをもって集まってきて 誰かれ構わず水をぶっかけます。

時には息がつけないほどの水が飛び交います。

このように洗面器はガードにも使えます。
誰かれ構わずと書きましたが、実際に公安の方が通ったらここぞとばかりに水が浴びせられたりします。
一応 お釈迦様の生誕を祝福して水を掛け合うそうなので…
あと白Tや白ブラウスの女子も狙われやすいです。

理由はピトッと密着してよく透けるので…
まぁ”溌水節(はっすいせつ)”で水をかけるのが前提で白Tなんですから、ご本人もわかっているのでしょう。
コチラの女子はもっと大胆に視線を集めていて、狙いは的中しているようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする