TVドラマ新龍門客桟(ドラゴン・イン)の入浴シーンのヒミツ

xǐ zǎo
洗澡  シィ ザァォ
風呂

こちらは2017年撮影されている “新龙门客栈(ドラゴン・イン) ” のテレビシリーズのワンシーン。
ドラゴン・インは映画にもなっているのでご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、その2017年度リメイク版です。

[ここから続き]

映画版のお話は砂漠の宿屋”ドラゴン・イン”で 追手と追われる側とその用心棒とが一堂に介し、誰が敵か味方か?みたいなお話の時代劇です。
たぶんこの入浴シーンはその宿屋でのことだと思われます。


沈梦辰(シrhェン ムァンg チrhェ)演じるヒロイン  “邱莫言 ( チhィォゥ モォォ イェ)”がお風呂につかっていますが、よく見ると顔の前に立体映像のキーボードみたいなのを浮かべています。
カンフーの演出をSFっぽく表現しているのかもしれないです。

もともとフィクションなのでこうした演出もありなのかもしれませんが、もう一つこのシーンではこんなフィクションが使われています。
それがこちら…

お風呂になんかつかっていなくて湯気を加湿器で表現しているだけでした。
肩さえ出せばそれらしく見えるものです。

[PR]カンフー映画御用達のブタの加湿器
アロマ加湿器 ブタ


○参照:沈梦辰

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする