逃票 ー 命と引き換えに切符代をケチる中国の人

táo piào
逃票  タhァォ ピhィァ
タダ乗り

切符やチケットを買わずに画像のように柵を越えて侵入する行為を中国語では”逃票(タhァォ ピhィァ)” と言います。日本ではキセルといいますが、これは電車に限ってのことです。中国語では上記の行為は電車に限らずまとめて今回のように言います。

[ここから続き]

例えばこちらの若い人たち。
この日は10数名で西安の古城壁を見に来ました。

西安の城郭に壁をよじ登って侵入しています。

最後に残った男子は自力で壁をよじ登りました。
かわってこちらは遼寧市の順城という古城。
やはりここにも高い城壁がそびえています。
ここでは観光客の男女がマンホールを使って”逃票(タhァォ ピhィァ)” しています。
かなり姿勢が苦しそうです。
中に鉄はしごがあろうかとは思いますがズッポリ下まで落ちたりしないのでしょうか?
最後のこちらは監視カメラの映像ですが、今年6月に湖南省で撮られた”逃票(タhァォ ピhィァ)” です。

奥にゲートが見えますがその脇の金網をよじ登って男性一人と女性二人が入ってきました。
しかしここは長沙生態動物園といって、平たく言えばサファリパークだったのでした。
しかも彼らが入ったところはトラが放し飼いになっていたエリアだったのです。

一般的には乗用車や観光バスでゲートをくぐってエリアに入るところです。
すぐに監視員が気づいて3人を捕まえて安全なエリアに避難したそうですが、本人たちは何かあっても自己責任だからいいじゃないかと言っていたそうです。
いいわけないのに…

コメント

  1. より:

    今年1月には動物園侵入してホントにトラに殺されてしまった事件ありましたねぇ

    • 你好!あ さん
      いつもご覧いただき谢谢です。

      はい、そうなんです。
      おっしゃる通り、チケット代をけちって裏口からこっそり入った男性が誤って虎山に入ってしまいやられました。
      この情報はいつもこちらで紹介している中国の人たちの性状がよく現れている事件でしたが、”愉快”の範疇じゃなくなってしまったのでご紹介するのをはばかっていました。
      チケット代より高い代償だったと思います。