中国の街角にはよくある彫像アートの楽しみ方

diāo xiàng
雕像  ディァォ シィァ
彫像

こちらは昆明市の三市街広場の歩道の上に作られた鳥と孫を連れたおじいさんの彫像。
中国の大都市の大きな歩道や広場にはこんな感じでよく銅像が立っていますし、観光地の入り口には巨大な石像やモニュメントが立っていたりしてるので こうしたオブジェが大好きみたいです。

[ここから続き]

こちらは北京市の王府井のあたりでしょうか?
街頭の床屋さんの彫像です。

こちらは上海の南京路

この様に記念写真を彫像と一緒に撮ったりするスポットにもなっています。

そして彫像と一緒に記念写真となると こちらのように同じポーズで撮影するのが定番のようなのです。
こちらは太極拳している彫像と一緒に

トレーニングしています。

こちらはカメラを構えた観光客の彫像と同じポーズのお姉さん。
この様に中国では夜もライトアップして歩道のアートが楽しめるようになっています。
こちらのお兄さんは銅像と同じダイナミックなポーズで写真をとっています。

なんだかとっても幸せそうです。
こちらはゴリラの彫像と一緒にパチリ。

さてどっちがゴリラでしょう?って絶対言われそうです。
こちらは石像と同じ悩ましげなポーズでパチリ。

このように日本でも同じポーズで写真を撮ったりしますが、彫像アートが身近な中国の人達はこんな楽しみ方を良くしているのです。
しかも人間だけでもなさそうです。


なんだかかなりその気になってるみたい。

[PR]こちらは中国の孔子の基本形の銅像
孔子像 銅製

○参照:所像的博客 味道的博客 糗事百科 快乐麻花 糗事百科 糗事百科 糗事百科

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする