【そんなに好き?】麻雀に負けず劣らずどこでもトランプで遊び始める中国人

pū kè pái
扑克牌  プhゥゥ クhゥァ パhァ
トランプ

pukepai2016A以前 中国人はすごく麻雀が好きだという話をしましたが、それよりもコンパクトなトランプも手軽に遊べて、いえ勝負が出来るので、やはり人気があります。
しかも場所もそんなにとらなくてもいいので、どこでも遊びたがる気分に拍車がかかるようなのです。

[ここから続き]

その前に中国語ではトランプのことは “扑克牌 (プhゥゥクhゥァ パhァ)” といいます。
牌は札と同じ意味で、直訳すると”ポーカー札”となります。

さて、お話を中国ではどんなときにトランプで遊ぶのかに戻しますが、基本的には時間があって手持ち無沙汰な時ならいつでもと言っていいと思います。
例えばこんな時。
pukepai2016B
こちらは病院で点滴を打っている間です。
中国の病院ではよく点滴治療が行われ、院内には点滴コーナーという待合所みたいな場所があって、点滴している間は歩きまわるのも不便なので、自然にこうなってしまうのかもしれません。

また、国慶節などの大型連休の帰省ラッシュで高速道路が渋滞になり当分動きそうにない場合も…
pukepai2016C
このように路上でゲームを始めます。
中国ではポーカーより、”地頭主”という大富豪に似たルールのゲームがポピュラーです。

こちらもそんな集団での移動中のトラックの様子。
ご覧のとおり、荷台に乗り込み寸暇を惜しんで?トランプをしています。
pukepai2016F
ドアを開けて風でカードが飛んでいかないのか気になります。

旅行というとこんな場合もあります。
こちらはタイの万国国際空港の待合所です。
中国人の旅行客がおみやげの箱をテーブルかわりにおばあちゃんたちがやってます。
pukepai2016D
しかしタイ国内では賭博行為は一切禁止されているので、地元の警察からは不謹慎な行為と批判が上がっています。

待合といえばこちらは証券会社の待合ですが、受付で呼ばれるまでの時間の様子がこちらです。

pukepai2016E
テーブルもあるし絶好のシチュエーションなのでしょう。

またこちらは通勤帰りの地下鉄の様子です。
車内は通勤帰りの人々で混雑していますが、そんな時でも

pukepai2016G
いかがでしょう?
そんなにしたいのかな?と思うぐらいの場面でトランプに勤しんでいます。

逆にこちらは日も沈み夕食も終わってくつろぎのひととき。
近所の人達が集まってトランプを始めています。

pukepai2016H
なぜか中央分離帯で。

どうにもトランプは中国人にとっては生活の一部になってしまっているようです。
(もちろん人によりますけど)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。 [PR]せっかくなのでブルース・リーなトランプで
中華街のお土産に!中国トランプ (レトロブルースリー)【ネコポス便可】 02P06Aug16