中国の役場の窓口サービス評価ボタンは何を測ろうとしているのか

píng jià qì
评价器   ピhンg ヂィ チh

評価装置
pingjiaqi004A中国のいろいろな窓口にある、
担当のサービスの善し悪しを
評価するボタン。
今回は台湾北西部にある
“苗栗県”の役場の窓口です。
一般企業だけでなく、こうした
公務員が行う公共サービスでも
一般住民が評価できるところは
見習ってほしいところです。

[ここから続き]

ここの評価ボタンはこちらのように
非常に満足、満足、普通、不満足、非常に不満足の
5段階評価でボタンが押せるようになっています。

 pingjiaqi004C

そしてこちらは、そんな中のとある窓口の
評価ボタン。
pingjiaqi004B

透明カバーがつけられて、普通以下はかなり押しづらいように
なっています。
前にも書いたかもしれませんが、これされたら
何としてでも”非常に不満足”を押したくなってしまいます。

台湾でも大陸と同じようなことするんだな〜と
思ってしまいました。

[PR]
どうすれば役所は変われるのか
■ブログランキングに参加しています

○参照:中央日报 台灣蘋果日報 眉山人网 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 日本人外教 より:

    わははは、激しく同意!
    文房具の定規を使ってでも押してやりたいです。

    • 妈麻 马骂 より:

      日本人外教 先生
      欢迎光临〜!

      何でこうもあからさまに”えげつない”ことが
      できるのか…しかもちゃんとした組織の人たちなのに…と
      思ってしまうのですが、多分まだ自分たちの方が
      上位なんだと言う”奢り”があるのでしょうね。

      日本でも役場にいると露骨には表しませんが、そんな臭いを感じます。

      コメント谢谢〜