中国の信じられないイベント "精子王グランプリ"

jīng zǐ wáng
精子王  ヂンg ズiゥ ワンg

精子キング

今回はちょっと信じられない中国の精子を競うイベントの
話題です。
(若干下ねた風な話題になりますので嫌いな方はご覧にならないで下さい。)

[ここから続き]

こちらが今年行われた”広州男性精子王グランプリ”の広告。

中国では毎年国内の男性を対象に、精子を回収してWHOの基準をどれだけクリアしているのかを競い合うイベントが行われます

参加者は措定された病院で採精します。
採取された精子はその場で顕微鏡で確認され判定されます。

なので全国一斉ではなく、各地で持ち回りで行われるようで、今年は広州大会になりました。
[PR]赤ちゃんが欲しいを応援!未妊の情報サイト

今年の場合、優勝者には現金2万元、2位にはiPhone、3位にはiPadが贈呈されます。

言い換えると、みんな賞金目当てで精子を提供します。

しかし、参加者のうち80%の方の精子が基準に満たなかったそうです。

こちらが入賞者の方々。

真ん中の方が優勝者の”2012年の精子王”です。

こちらはエントリーする病院の精子採取室にある自動精子採取器。

…でも、こんなに簡単にDNA情報を提供してもいいのかな?

これ、大まじめみたいです。

■ブログランキングに参加しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする