張家界の山にかけられたハシゴの使いみち

tiān tī
天梯   ピンイン 

天のハシゴ
tianti001A2中国湖南省張家界市は自然が豊かすぎるほどで、世界遺産にも登録されています。
その中には土家族、白族、苗族、回族などの少数派民族の皆さんが住んでいます。
こちらの画像は桑植県張家湾村の山にかけられたハシゴです。
十メートルほどのハシゴがいくつも連なってかけられていて、ここを利用して地域の人達は登り降りをします。

[ここから続き]

そんな急勾配を何段もかけて昇り降りするのだから、山の上に生えたよっぽどの薬草でも採りに行くためのものなのかな?と思いましたがそうではありません。
次の画像はハシゴを登っている人の画像です。

tianti001B
ご紹介したことのあるジャージ姿にリュックを背負って登っていますが、彼は地元の小学生で、実はこのハシゴは学校へ行くための通学路なのです。

ハシゴの下には約7〜80mほどの深い断崖です。
子どもたちは毎日登校するためにこのハシゴを登らなければなりません。

tianti001C

しかし、これだけのハシゴを毎日登ればそれ相当の体力がつきそうです。
tianti001D

慣れた子なのか荷物がある日はこのように片手で登っていきます。

tianti001E

これって登ったら降りなきゃならないんですよね。
かなり心配です。


[PR]張家界の武陵源は仙界すぎる
virtual trip CHINA 武陵源【張家界】 【DVD】

■ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
 
 ○参照:环球网 金融界 红网