中国のプログラマーにもっとも必要なスキルがコチラ

chéng xù yuán
程序员   チrhェンg シュuゥ ユゥェ 

プログラマー

こちらは中国のどこかのソフトハウスの様子。
今まさにプログラマーの方が開発を行っている所のようです。
プログラマーの仕事は日本でもハードワークな仕事で、クライアントの意向を時間内にどう反映させるかが問われます。

[ここから続き]

なので締め切り間近には家に帰れなかったり、風呂にも入れない…という話を今でも良く聞きます。
そうなると職場は荒れて不衛生な環境になっていくそうです。
あらゆるシーンで需要はあるかと思いますが、その分わがままをいうクライアントも増えて来ますし、なかなか浮かばれないお仕事なのだそうです。

中国の場合はさらに速度にもコストにも厳しそうなので、そうとう厳しい職場環境を強いられていそうです。

そのせいかプログラマーのことは中国語で “程序员( チrhェンg シュuゥ ユゥェ) “といいますが、自虐の意味を込めてか”程序猿( チrhェンg シュuゥ ユゥェ) ” と当て字で読む人もいます。 ※员と猿は同じ発音です。

とは言え、そんなにがっつり働いたら、健康にも良くありませんし、適度に発散したり休憩したりはやはり必要です。

なので最初の画像のプログラマーの方、実はあの状態でお昼寝中なんです。
もちろん目を開けながら寝るというスキルがあるわけではありません。
何を言っているかわからないかと思いますので、その方法を公開します。