抬前轮 ― 街を走る過積載トラックの前輪が浮きまくってる

tái qián lún
抬前轮  タh チhィェ ルゥ
前輪持ち上げ

中国の過積載トラックやリアカーはとても有名で、これでもかというくらい積荷を載せたトラックが街を横行しているのはご存じの方も多いことでしょう。
そうなると当然ながら、画像のように重量に耐えられずウィリー状態になっている車両も発生するのです。
そうして立ち往生している車を見かけることもままあります。

[ここから続き]

こちらは街の工事現場。
過積載の車が荷降ろしする時はこの様になりやすいです。

街で現場に近づく時は用心したほうがいいでしょう。

また信号待ちの後の発進時も危険です。

急な加速で重心が後ろに下がるとこのような状態になりやすいのです。
この状態でも前進は出来ますが、ハンドルが効かないので実質どうしようもないです。
また積み荷が鉄パイプのような長いものの時は横揺れには強いのですが、前後の揺れには弱いため、荷崩れを起こしやすいのです。
直すのも大変そうです。
こちらは荷物の載せた位置がよくなかったのか、上り坂と言うだけでウィリーしてしまいました。
このように中国の道路は過積載だけとっても危険な要素がいっぱいなのです。
こちらのウィリーも結構な高さがあります。

下手に前輪の下をくぐったりしたら危険この上ないことになります。

車を支えているのが後輪の一軸だけなので、ブレーキをしっかりかけていなければ、左右に回転してくる恐れもあるのです。
なので向かって右のバイクのおじさんは射程距離内にいるのかもしれません。
このようにとにかく危険な過積載トラックですが、中にはこの前輪が浮く現象を上手に利用する達人もいたりします。
バック中にブレーキをかけて器用に荷物をおろしています。