子供の夢をぶち壊す中国の着ぐるみスタッフ

rén ǒu
人偶  レr オウ
着ぐるみ

中国でも何かのセールスやイベントの際には何らかのキャラクターの気ぐるみが出てきて雰囲気を盛り上げます。
画像にはパンダ以外にミニオンズやミニーマウスの姿も見られますが、多分モグリでしょう。

[ここから続き]

気ぐるみのキャラクターは愛想を振りまいたり、来場客と記念写真を撮ったり、時には子どもに絡まれたりとあんがい結構忙しいのです。

この仕事は夏の盛りには気ぐるみ内の温度がかなり上昇するので脱水症状を起こしやすくとても危険な状態になります。

日本の気ぐるみは基本的に子どもたちの夢を壊さないようにするため、人前で着替えたりしませんが、中国はそんなこだわりはありません。

おそらくバイト料もそれほどではないのでしょう。
なので人前でも平気で脱ぎだして涼をとります。


喜羊羊(シーヤンヤン)の首が…

テレビドラマでもそんなシーンが出てきます。
こちらは”放弃我抓紧我 (私をあきらめたら 私をしっかり捕まえて)”というドラマのワンシーン。
さすがにミニーはあってはいけないでしょう。

なので返って子どもたちは幻想を抱かず、早く現実に気がついて良いのかもしれません。
ただ、その代わりませてしまった子どもがパンチをしてきたりして大変担ったりする可能性はありそうです。

まぁそれはそれでいいのですが、不必要に幻滅させなくても良いかとは思います。


ちょっとホラーな感じがしてます。